企(起)業家を支援するための知識・技術を有する者のネットワーク組織

特定非営利活動法人

NPO法人さかい企業家応援団
〒591-8025
堺市北区長曽根町130番地42
さかい新事業創造センター内
TEL・FAX 072-254-8450
E-mail メール
相談・コンサルティング

:::ビジネスの種:::
 

   【努力論】 幸田露伴 著     致知出版社 

   * 努力こそ人を幸福にする最善の道
       と説いた明治の大作家、幸田露伴が語る。

  努力には2種類あるということを、皆さんはご存知でしょうか?
  その一つは{直接」の努力。もう一つは「間接」の努力です。

  「直接の努力」とは、当面の努力で、一生懸命に頑張っているときの
 努力である。
  「関接の努力」とは、準備の段階における努力で、基礎となり、自分
 の源泉となる努力である。

  人は時々、努力が無駄になることを心配し、嘆くことがある。
 しかし、努力とは、「結果が出そうか・出なさそうか」によって「する
 べきか・しないべきか」を判断するようなものではない。
  努力というのは、人が自ら進んで実行するものだ。

  ちいさな努力をすれば、小さな結果が出るだろう。 だが、努力の
 結果が必ずしも望んだものでないことはある。 それは、努力の方向が
 悪いのか、あるいは「間接の努力」が足りず、「直接の努力」ばかりに
 終始しているからだ。

  無理な願望に対して努力してもそれが実現することはないし、準備
 段階の努力が欠けていては、叶うはずの願望も叶わない。

 「瓜(うり)の蔓(つる)にナスがなってくれたら」と願うのは、
 努力の方向が間違っているし、優れた詩や和歌をつくろうとして、
 ただやみくもに作品を書き連ねて悪戦苦闘しているのは、きちんと
 コツを学ぶのを怠っているということ。
  つまり、間接の努力が足りないのである。
              以上 “良書”の“要所”を紹介! 

     NPO法人さかい企業家応援団は企業がその都度発生する問題解決に支援しています。 
     気軽にご相談ください
 

              ページの先頭へ↑